バニラエアのキャンセルについて

大手に比べ制約は多い

バニラエアのキャンセル制約チケットの変更大手に比べ制約は多い

このような制約がありますから、例えば、自分が旅行に行けなくなったので代わりに別の人の名前に搭乗券を変更して欲しいというようなことはできません。
また、当初の目的地に行きたくはなくなったので、別の目的地に変更したいというようなこともできないわけです。
うっかりするところかもしれませんが、出発空港と到着空港とを逆にするような変更の仕方も不可能です。
さて、次に払い戻しです。
だいたい想像がつくとおり、払い戻しは変更よりもさらに制約や手数料が大きくなっています。
まず、わくわくバニラでは変更さえできなかったのですから、当然のように払い戻しもできません。
そして、シンプルバニラは変更はできたのですが、払い戻しはできないのです。
払い戻しができないということはどういうことかというと、予約したその便に乗らない限り、その搭乗券はただの紙屑になってしまうということです。
その便に乗らない限りは1円の価値ももたない紙切れになってしまうのです。
そして、コミコミバニラに限って、払い戻しが可能です。
ただし手数料はそれなりに高くなっています。
変更の場合は500円から1000円の手数料で済みましたが、払い戻しの場合は3000円から8000円の手数料がかかります。
もちろん、その便に搭乗できなくなってしまったのであれば、そのままにしていても何の価値もありませんから、高い手数料を支払ってでも払い戻したほうが幾分かのお金は手元に返ってくるということになります。
大手航空会社と比べれば制約が大きいですので、スケジュール調整をしっかりする必要があるでしょう。